スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ひまわり」関連の書籍

忍太郎Pの新作が来てましたね。
それに関連して、今日は台風についての本を紹介。

「空白の天気図」著:柳田邦男 新潮文庫

太平洋戦争の終結直後。それまで軍事機密として新聞に載ることがなかった天気予報が再開してすぐの頃。
昭和20年九月の枕崎台風についての本です。
この台風は、原爆で焼け野原になった広島に多大な被害をもたらしました。
台風が上陸した九州よりはるかに多くの方が亡くなっています。
どうしてこのような被害が、それも広島にもたらされたかを追ったドキュメンタリーになります。

まだ気象観測衛星などなかった時代。戦争中、各地の気象台の職員たちは、空襲にあおうとなんだろうと、一日も休まずに観測データを送り続けました。広島の江波山気象台の職員たちも、原爆で相当な被害を受けても、なお気象データを取り続けます。

各地のインフラが破壊されて、それでも正確な天気予報を作ろうとする職員たちの執念が伝わってくるドキュメントです。また広島の原爆被害についても、詳しく書かれています。

ひまわりさんが居なかったら、こんな苦労をするんだなぁ。

もう絶版になっていますが、古本屋を探せばあるかも知れません。興味がある方はぜひ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

覆面作家P

Author:覆面作家P
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。